名探偵ピカチュウ 感想・解説・レビュー くしゃ顔がかわいすぎる!?その人気の秘密に迫る!

アニメ

ポケモン初のハリウッド実写劇場版!『名探偵ピカチュウ』

ポケットモンスターのハリウッド実写化が発表されたのは2016年。多くのポケモンファンが期待に胸躍らせる中、待望のトレーラーが2018年に発表されると、ピカチュウをはじめ、ポケモンたちの造形に多くの注目が集まりました。

【公式】映画「名探偵ピカチュウ」予告①

そして映画が公開されるやいなや、ピカチュウのその豊かな表情はポケモンファンのみならず若い女性を中心に「かわいすぎる」と話題となり、「くしゃ顔」のピカチュウのぬいぐるみは発売後即完売となるほどの人気となりました。

そんな『名探偵ピカチュウ』の魅力に迫ります!

と、その前に映画のあらすじを・・・

『名探偵ピカチュウ』あらすじ

ポケモンと人間がパートナーとして共存している「ライムシティ」。そこで探偵として働いていた父ハリーが事故死したとの知らせを受けたティム(ジャスティス・スミス)は、遺品を整理しようと向かった父の家で、父のパートナーポケモンだったピカチュウと出会う。ピカチュウはなぜか、ティムとだけ会話ができるのだった。父の同僚だった警部補のヨシダ(渡辺謙)からも「ハリーは死んだ」と聞かされるも、「彼は生きている!」との確信を持つピカチュウ。父の調査資料を見たティムも、父ハリーが何らかの事件に巻き込まれたのではないかと思いはじめる。
ティムは新米記者のルーシー(キャスリン・ニュートン)の協力を得ながら、父失踪を謎を追う。そのうち、ポケモンを凶暴化する薬物「アール」と「地下ポケモンバトル」の存在に行き着く。やがて幻のポケモン「ミュウツー」が事件の鍵を握ると判明。その裏には「ライムシティ」の存亡を揺るがす恐るべき陰謀が渦巻いていた…

果たして、名探偵ピカチュウとティムは無事父親を見つけ、「ライムシティ」を守ることができるのか?

日常に溶け込むポケモンたちに感動!

本作の見どころはなんといっても、フルCGによって現実世界に「普通に」存在しているポケモンたちです。本来ならばゲームやアニメでしか存在しえないキャラクターたちが、町を歩き、人々と共に生活している姿を見られるというのはファンならばまるで夢のように感じられることでしょう。

しかも一体一体その特徴を見事に表現しており、ポケモンの多様性を改めて見せつけます。電車内で主人公ティムの顔をべろ~んと舐めあげるベロリンガに至っては、そのぬめぬめとした質感は完全にクリーチャー。まさに「キモかわ」です。
中でも秀逸なのがピカチュウはじめ、コダック、エイバムなど、ふさふさとした毛を持つポケモンたち。実写に溶け込むように作られたその姿はこれまでのアニメーションでは表現されてこなかった姿をしています。

監督のインタビューによると、


「ポケモンを実写化するなら、どうすればリアルなものになるか。そのまま映像化しては、プラスチックのような質感になってしまいます。(中略)だから、現実に存在する質感を当てはめてみるところから始めました。動物、植物、鉱石など、自然界由来の質感で検討したんです」

https://theriver.jp/pikachu-rob-interview/2/


と、いかに現実に存在しうるか、を考え抜いたデザインだった模様。
この何とも言えないリアル寄りの「けもの感」が、現実と乖離しそうな「ポケモン」を違和感なく現実世界に出現させることに成功しています。

しかし、ポケモンの持つ「かわいらしさ」をまったく失っていないのも最大の魅力。
同じインタビューで、


「(日本語で)”可愛い”というのも重要でした。ポケモンを可愛くしたかったので、ピカチュウは”ふさふさ”に。もしも毛がなかったら、ただの黄色い風船みたいになっちゃう。」

https://theriver.jp/pikachu-rob-interview/2/


とも語っており、もこもこと動くピカチュウは思わず「抱きしめたい!」と感じてしまうほどの愛らしさです。
この絶妙な「異生物感」が実写と融合している点は、本作の最も評価されるべきところだと思います。

ピカチュウの眉間に…

そして、やはりなんといてもピカチュウの「しわしわ」なその表情!

困ったとき、落ち込んだとき、眉間にしわを寄せて肩を落とすくしゃっとした顔は、本作のハイライトともいえるでしょう。

また、そのかわいらしい見た目とは裏腹に「大人の男の人の声」でやたらとしゃべる「オッサンのような」キャラクターも、そのギャップと相まって逆にかわいく思えてしまうほど。

元々「名探偵ピカチュウ」とはニンテンドー3DS用のソフトに出てくるキャラクターであり、そこでも「オッサンみたい」という点が強調され、「ポケットモンスター」としてのゲームやアニメとは一線を画したキャラクターとなっています。
本作、実写版『名探偵ピカチュウ』でもその性格は引き継がれ、そこに声を演じたライアン・レイノルズのコミカルな表現が加わることで、独特の「ピカチュウ像」ができ上っているのです。

本作のアニメーション監督を担当したフェラン・ドメネクはピカチュウについて、インタビューで、


「ライアン(・レイノルズ)の影響が大きい。彼の繰り出すユーモアやリズム、癖、表情、その他微妙な動きが、ピカチュウの態度や性格の決め手となった」。

https://www.cinematoday.jp/news/N0108550

と語っています。

ライアンはピカチュウのモーションキャプチャーも担当しており、そのしわしわ顔はそのままライアンの「顔」とも言えるのです。

実は「くしゃ顔ピカチュウがかわいい」=「ライアン・レイノルズがかわいい」ということだったのかも??

けれども、物語の最後には「名探偵ピカチュウ」がなぜ「オッサンみたい」だったのか、その理由がしっかりと明かされます。その姿がただの話題作りではなく、物語の中で重要な意味を持っている点にも是非、注目していただきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました